Honda CIVIC RS SB-1(1974年)

ボディ外装の組立とディテールアップ

給油口の改造

シビックRSの給油口
シビックRSの給油口

給油口を開閉できるように改造します。まずが切り離しです。小さいので慎重に切り出していきます。

給油口のヒンジ
給油口のヒンジ

ヒンジは真鍮線と真鍮パイプで作ります。左右のドアとは異なり、外側にガバッと開くアウトスイング式の蝶番になります。

 

ドアが内部に突き抜けないよう、内側の周囲にプラ板を貼り、ヒンジを仮止めして開閉テストを行います。ボディに対してほぼ直角になる程度の開口角度に調整します。また閉めたときに周囲の隙間が均一になるよう、開口部の周囲にパテを盛って調整します。

フロントグリルのディテールアップ

フロントグリルを加工します。フロントグリルは、ラジエーターの水を冷やすための風を取り込むために、通気口が開けられていますが、キットの部品は彫刻が施されているだけですので、実車同様に開口します。そのうえで、裏側から金網をあて、グリルを再現してみます。